知らずとも尋ねてしらむ三島江に生ふる三稜のすぢは絶えじを

みくり

ここは管理人・三嶋文絵(みしまふみえ)によるオリジナル小説のサイトです。
ご来訪くださったのも何かの縁。どうぞ読んでやってくださいませ。
◆:お題小説 ▽:未完連載/連作最新
※暴力、流血、死ネタ等が予告なく入る可能性があります。苦手な方はご注意ください。

管弦楽部という、活動と発表の場があることも幸運なら。こうして一人でただ気ままに手遊びに楽しめる場所があることも幸運だ。オーケストラという規模は、わたしにはいささか気詰まりだった。

「時にはアンサンブルを」第1章より)

 ↑お気が向かれましたら叩いてやってください。
  お礼短文5(「何を願って」関連)

関連作品群

時にはアンサンブルを 目次


聖女のあゆみ魔女のあしあと 目次

聖姫は魔姫を倒すもの。だが、華鈴が聖姫として目覚めたとき、同時に目覚めた魔姫は友人の愛花だった。二人は運命に逆らおうと試行を繰り返す。 (全26章予定、1章約8700-12000字/24-32kb)
分岐図へ

魔女の仲間が残したもの

曾祖父の仲間の孫弟子だという青年が訪ねてきた。曾祖父の仲間といえば──悪名高き魔姫の一味である。 (約30枚/約9300字/25kb)

勇者が運命(さだめ)を捨てるとき

聖姫が自分を殺すべく自分の前に現れるのを、魔姫アダラは待っていた。聖姫に殺されることこそが、魔姫の役割なのだから。 (約20枚/約7400字/21kb)
※お題「運命」「油断」


魔魅の光明

失明した友人のために、自分は何ができるだろうとシュラは考えた。──本当は薄々、感づいていた。 (全4章/約60枚/約18900字、1章約3500-5500字/12-16kb)
※お題「拒めない」「盲目」「無意識」「雨降って地固まる」

魔魅の目印

壊滅したという村の、生き残りはいないのか。青年に問われてピリュラは動揺した。実はただ一人だけ、保護されている少女がいる。 (全5章/約80枚/約24500字、1章約4700-5300字/15-16kb)

魔魅の子孫

「寒いね……」「……うん」「じゃあ、寒くないところに行く?」消えた母を追い、雪夜の町で力尽きようとしていた兄弟は、占い師のファーリャに拾われる。母捜しに手を貸してもらう一方で、兄弟はファーリャに懐いていくが。 (全6章/約160枚/約51900字、1章約4300-10100字/13-28kb)


単発長編

何を願って 目次

異世界 ファンタジー 願い 代償 少年少女
釣り合うとは限らない代償と引き換えに、一度に一つだけ願いを叶える秘宝によって、異世界に召喚された少女――についていった晶。なすべきことも待っている者もなかったが、同じ年頃の魔術師であるハルと出会う。 (全32章/約470枚/約145800字、1章約300-6300/4-19kb)

われても末に 目次

異世界 ファンタジー 再会 帰還 元ネタ:アラビアンナイト、中国の民話、朝鮮の民話、ほか世界の昔話
志穂たち四人は物語めいた世界に迷い込み、散り散りになる。あれやこれやの冒険の末に、全員揃って帰還できるのが、こうした場合のセオリーだ。志穂は慌てず、案内役を捕まえて、友人を捜す旅に出る。 (全24章/約630枚/約204600字、1章約3400-10400字/12-28kb)
出演章つき目次へ


単発短編

昔語りを最後まで

兄弟(異母)
表向き双子となっている、男爵の前妻の末子と後妻の長子。弟は兄に反感を抱いていたこともあった。 (全2章/1章約5300-6100字/15-17kb)

魔術師の望んだこと

仲間 堕落 身代わり
数々の冒険を乗り越えた、名高い「ソルガの仲間たち」。魔術師のロノはしかし、一つの懸念を覚えていた。 (全7章/1章約900-3600字/6-12kb)

僕らの秘密

異世界 兄弟
兄の「遺言」は何を意味するのか。忘れてと言われても、気になったのだ。 (全2章/約50枚/約15500字、1章約7100-8600字/20-24kb)

  • 1.Side C ※お題「秘密」「帰る場所」
  • 2.Side A ※お題「矛盾」「身から出たさび」

voice

異世界(近未来風) 兄弟姉妹(異母・異父)
明日香が事故に遭ったのは、父の愛人とその娘たちの暮らすエリアだった。目覚めない少女の元へ、あるいは兄が、あるいは姉が、あるいは友が足を運ぶ。 (全7章/約110枚/約33600字、1章約4200-5000字/14-16kb)

calling - believe in... -

エンディング3種
「あたし、由華。今――」行方不明の友人から電話がかかってきた。向かう先が友人の家でも自分の家でもないことに気づき、少年は急いで後を追う。 (約30枚/約8000字/24kb)
※お題「calling」「believe in...」「secret garden」「for you」 ※隠しページあり(2)

飼い慣らす

兄妹(異父) 家出
遠方に住む妹が、合宿にでも似合いそうな鞄を提げて現れた。「泊めてもらいたいんだけど」「好きにどうぞ」どんな希望でも叶えてやる理由――目的が、兄にはあった。 (全2章/約30枚/約9000字、1章約4500-4600字/14-15kb)


単発掌編

nothing

火事に巻き込まれた少女を助けたのは、然程親しくもない同級生だった。 (14枚/約4400字/14kb)

大人になれない

事故以来、一馬は意識不明のままだ。幼馴染みの二人は今日も病院にいた。 (11枚/約3500字/11kb)

姉の家族のこと

七歳のときに出ていったから、姉のことはよく知らない。姉の恋人や、娘や、夫のことも。 (14枚/約4600字/14kb)

They say...

何かにつけてきついことを言う同級生。意地悪だ、嫌がらせだと、周りは言うが。 (9枚/約3000字/10kb)


童話風

呉越同舟

こちらがわの国の人とあちらがわの国の人が、一つの舟にのりました。 (約500字/4kb)


詩/詞


下記に登録しています。

本サイトではGoogleアナリティクスを利用しています。
GoogleアナリティクスはCookieを使用して匿名のデータを収集します。詳しくは「ユーザーが Google パートナーのサイトやアプリを使用する際の Google によるデータ使用」をご覧ください。
知らずとも尋ねてしらむ三島江に生ふる三稜のすぢは絶えじを
inserted by FC2 system