月のうさぎのおもちつき

 月にはうさぎがすんでいます。  白いうさぎと黒いうさぎがすんでいます。

 むかしのこと。  白いうさぎと黒いうさぎは一緒におもちつきをしました。いっしょうけんめいについたので、いっぱいのおもちができました。 「さあ、きなこもちをつくろう」  白いうさぎが言いました。 「えっ、あんころもちがいいよ」  黒いうさぎが言いました。  きなこもちにしよう、と白いうさぎは言い張りました。  あんころもちにしよう、と黒いうさぎは言い張りました。  どちらもゆずらなかったので、白いうさぎはおもちの半分を、黒いうさぎはあとの半分をもちかえりました。白いうさぎはおもちにきなこをまぶし、黒いうさぎはおもちをあんでくるみました。

 白いうさぎは気がおさまらなかったので、自分だけでおもちつきをして、たくさんのきなこもちをこしらえました。そして、たくさんのきなこもちをたくさんのお皿にのせて、あたりにならべて見せつけました。  黒いうさぎは負けてなるものかと、自分だけでおもちつきをして、たくさんのあんころもちをこしらえました。そして、同じようにたくさんのお皿にのせて、同じようにならべて見せつけました。  白いうさぎは意地になって、もっとたくさんのきなこもちをこしらえました。けれども月はどこもかしこもおもちの皿でいっぱいでした。そこで白いうさぎは、はしっこのあんころもちを食べてしまい、そのあとにきなこもちを置いていきました。  黒いうさぎは腹を立てて、さらにたくさんのあんころもちをこしらえました。けれどもやはり空いている場所はありませんでした。そこで黒いうさぎは、はしっこのきなこもちを食べてしまい、そのあとにあんころもちを置いていきました。

 月のこちら側がきなこもちでいっぱいになると、満月だね、と人は言います。  月のこちら側があんころもちでいっぱいになると、新月だね、と人は言うのです。

〈了〉

inserted by FC2 system